小豆島&四国(香川) 輪行の旅 その2


小豆島についてまずやることは・・朝ごはんかな。
朝早くから開いているお店はないのでコンビニへ向かいました。
水も補給食も買えますし本当に便利です(小豆島にあるコンビニは全てセブンイレブンなんですよ)。

海も空もすごく綺麗で気持ちが高ぶってきます。一周するぜ!



一周してみた感想から言うと、小豆島をなめてました・・。
裏六甲を完走してこれ以上の坂は早々ないだろうと思っていたのですが、もう・・坂だらけでゴメンなさいですよ。
苦しみながらも幾つもの坂を越えてエンジェルロードへ到着。潮が引いているときだけ写真のように砂浜の道ができるそうです。カップルなら手をつないで渡るとことですが、息子との二人旅、休憩がてらに寄っただけなのですぐに出発です。

小豆島で楽しみにしていたのがアマゴ丼。運動の後のごはんということもあってめっちゃ美味かったです。
で、〆は醤油のアイスクリーム。小豆島は醤油の島。たべない理由が見当たらないということでいただきましたが味は好みの分かれるところかと。



途中沢山のサイクリストとすれ違い、同しペースで走っていた方に声をかけたら中国から来れた方でした。
しまなみサイクルロードも走ってきたらしく、流暢な日本語であそこは素晴らしいと絶賛されていました。
私もいつか走ってみたいと思っていましたが、そんなにいいのか〜走るのがさらに楽しみなりましたよ。ふふふ。

 苦しみながらもなんとか小豆島一周を完走!!
 達成感が半端ないです!!

 草壁港から高松へ行きのフェリーに乗って四国へ上陸。
 輪行袋担ぐ息子の後ろ姿も少し逞しく感じます。



高松について驚いたのが街の大きさで、というのも私が以前のきたのは30年近く前だったからなのですが、 そのときはこんな感じじゃなかったように記憶していたのですが、記憶が間違っているのか、とにかく驚きました。

宿にチェックインして、次にすることは晩御飯!
香川といえばうどんなのですが、明日はうどん三昧の一日を送る予定なので今日は違うものを食べに行きますよー

ところで骨付鳥って知ってますか?
いわゆるご当地グルメなのですが、一鶴という骨付鳥のお店が有名があって、大阪にも支店があって何度か行ったことがあります(もちろん本店はここ香川です)。

今回はせっかくなので違うお店の蘭丸さんでいただくこと。
すぐ行列になるとの情報だったので開店にあわせて店に飛び込みました。
サイダーとビールで今日一日の頑張りに乾杯して、鳥にかぶりつきます!!
親鶏と雛鷄の二種類があって、親鶏は歯ごたえがあって噛めば噛むほど旨さが広がります。
雛鷄は柔らかくて食べやすいです。(私は雛鷄のほうが好きです)
ビールも鳥も体に沁みます。本当に美味しかったです。
明日はどんな一日なるだろう。楽しみだー
| Bicycle [ポタリング] | 10:15 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://bolg.studio-24.org/trackback/880902

トラックバック



Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE

SELECTED ENTRIES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ARCHIVES

OTHERS

MOBILE

qrcode