小豆島&四国(香川) 輪行の旅 その3

最終日、今日は力のかぎり走ってうどんを食べまくる予定です。

でも残念なことに日曜日が定休なお店が結構多いんです・・。
それでも日曜もやっている美味しいと噂のお店を厳選して行ってきましたよ。


1軒目は、「手打十段 うどんバカ一代」さんへ
私は「釜バターうどん」、息子は「ざるうどん」をいただきました。
残念なことに私のほうは、うどんがやや茹ですぎで残念な感じに・・。
息子はここのうどんが今回行った中で一番美味しかったとのこと。

手打十段 うどんバカ一代
住所/香川県高松市多賀町1-6-7 
営業時間/6時〜18時
定休日/なし 


2軒目は、「中西うどん」さん
麺をしっかり味わいたいので、ざるうどんをチョイス。
コシも麺自体も本当に美味しかったです。
今回行った中では中西うどんさんが一番好きかな。

中西うどん
住所/香川県高松市鹿角町899-3
営業時間/AM6:00〜PM16:00(平日・土曜)AM7:00〜PM14:00(祝日)
定休日/木曜日 




3軒目は、「池上製麺所」さん
お店の前に自転車用のラックがあって、自転車乗りとして嬉しいお店でした。
お店の雰囲気もよくて(るみばあちゃんという名物おばあちゃんがおられます)、また行きたくなるようなお店でした。
楽しみにしていたのがトッピングのあなごの天ぷら。めっちゃ大きいんですが100円!嬉しい限りです。「冷うどん」でいただきました。

池上製麺所
住所/香川県高松市香川町川東下899-1
営業時間/午前10時〜午後1時半、午後4時〜5時
定休日/火曜日
 


最後は、「三嶋製麺所」さん
本当はもう2件ほど回る予定だったのですが、こちらへ来る途中のルートが過去最高の激坂で心も体もバキバキに折られてしまいました。
お店に着くと沢山のバイカーで賑わっていました。ツーリングを楽しみつつこちらに寄られたとのこと。
談笑しているとロードバイクの価格の話になって驚いておられましたが、オートバイも似たようなものかと。

肝心のうどんはというと、卵をトッピングしてしょうゆをかけていただきました。
お店は忙しいせいか、少しギスギスした感じのするのが、ちょっと残念でしたが、こちらも美味しゅうございました。

三嶋製麺所
住所/香川県仲多度郡まんのう町川東276
営業時間/10:00〜16:30
定休日/金曜日




お腹も膨れ切ったところで坂出駅を目指します。
ここまでGoogleのナビ通りに来たら激坂ルートばかりを走らさせてきたので、国道を走るルートに変えてみたら道も走りやすいし、覚悟していたのぼりは一切なく、くだりしかなかったです(相当登ってきたんやと・・)。
新幹線で1時間半ほど揺られればあっという間に帰ってこれました。

| Bicycle [ポタリング] | 19:11 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

小豆島&四国(香川) 輪行の旅 その2


小豆島についてまずやることは・・朝ごはんかな。
朝早くから開いているお店はないのでコンビニへ向かいました。
水も補給食も買えますし本当に便利です(小豆島にあるコンビニは全てセブンイレブンなんですよ)。

海も空もすごく綺麗で気持ちが高ぶってきます。一周するぜ!



一周してみた感想から言うと、小豆島をなめてました・・。
裏六甲を完走してこれ以上の坂は早々ないだろうと思っていたのですが、もう・・坂だらけでゴメンなさいですよ。
苦しみながらも幾つもの坂を越えてエンジェルロードへ到着。潮が引いているときだけ写真のように砂浜の道ができるそうです。カップルなら手をつないで渡るとことですが、息子との二人旅、休憩がてらに寄っただけなのですぐに出発です。

小豆島で楽しみにしていたのがアマゴ丼。運動の後のごはんということもあってめっちゃ美味かったです。
で、〆は醤油のアイスクリーム。小豆島は醤油の島。たべない理由が見当たらないということでいただきましたが味は好みの分かれるところかと。



途中沢山のサイクリストとすれ違い、同しペースで走っていた方に声をかけたら中国から来れた方でした。
しまなみサイクルロードも走ってきたらしく、流暢な日本語であそこは素晴らしいと絶賛されていました。
私もいつか走ってみたいと思っていましたが、そんなにいいのか〜走るのがさらに楽しみなりましたよ。ふふふ。

 苦しみながらもなんとか小豆島一周を完走!!
 達成感が半端ないです!!

 草壁港から高松へ行きのフェリーに乗って四国へ上陸。
 輪行袋担ぐ息子の後ろ姿も少し逞しく感じます。



高松について驚いたのが街の大きさで、というのも私が以前のきたのは30年近く前だったからなのですが、 そのときはこんな感じじゃなかったように記憶していたのですが、記憶が間違っているのか、とにかく驚きました。

宿にチェックインして、次にすることは晩御飯!
香川といえばうどんなのですが、明日はうどん三昧の一日を送る予定なので今日は違うものを食べに行きますよー

ところで骨付鳥って知ってますか?
いわゆるご当地グルメなのですが、一鶴という骨付鳥のお店が有名があって、大阪にも支店があって何度か行ったことがあります(もちろん本店はここ香川です)。

今回はせっかくなので違うお店の蘭丸さんでいただくこと。
すぐ行列になるとの情報だったので開店にあわせて店に飛び込みました。
サイダーとビールで今日一日の頑張りに乾杯して、鳥にかぶりつきます!!
親鶏と雛鷄の二種類があって、親鶏は歯ごたえがあって噛めば噛むほど旨さが広がります。
雛鷄は柔らかくて食べやすいです。(私は雛鷄のほうが好きです)
ビールも鳥も体に沁みます。本当に美味しかったです。
明日はどんな一日なるだろう。楽しみだー
| Bicycle [ポタリング] | 10:15 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

小豆島&四国(香川) 輪行の旅  その1

輪行の旅からかなり経ってしましましたが、少しづつ書いていきたいと思います。
悩みまくった輪行袋はサイクルベースあさひのポチットRB001にしました。決めては使用頻度と価格かな。
慣れればどの輪行袋でも大差なく使えるものだというのが使ってみた感想でしょうか。 素材も特に問題なかったです。


三ノ宮まで電車で輪行して、駅からフェリーターミナルまで自転車で走り、そこからフェリーで小豆島に渡ります。
乗船時間は3時間ほどで到着するのですが、神戸を午前1時前に出発して小豆島の坂出港へ7時くらいに到着する夜行便もでているのでそれに乗りました。
小豆島を一周してその日のうちに四国へ渡ろうと予定していたので、朝から走れるのはとても嬉しい便なんです。

フェリーには輪行袋に自転車を入れて入船しましたが、輪行しなくても500円で自転車を乗せてくれます。実は輪行するメリットは節約になるだけでなく、一般乗船者の方と一緒に入船できるので(自転車だと入船できるのは後の方になるんです)、寝る場所をすぐに確保できるんです。
おかげで早々に場所を確保でました。
船に乗るとワクワク感がとまりません!ついつい深夜のうどん&ビールなんかもいただいてしまいました。



旅への高揚感から早くに目が覚めたので、フェリーの展望デッキへでてみると気持ちいい空が広がっていました。
噂には聞いていましたが、ヤノベケンジさんのサンチャイルドがいますねー
すごいインパクトを放っています。



輪行袋からロードバイクを取り出し、さあ出発!!
どんな旅になるんでしょうね〜
| Bicycle [ポタリング] | 09:23 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

奈良 ファミツウ 2013 その2

予定ではこのまま東大寺へ行って参道にでている屋台で息子の好きなものを振る舞ってやろうなんて思っていたのですが、その前に途中パンクで替えチューブを消費してしまったので、地元の自転車屋さんによっていくことにしました。
そこの店員さんが大泉洋に似ていて・・というのは置いておいて、ランチにオススメのお店があると教えてくだって、なんでも薬師寺の近くにサイクリストが集まる「高畑まんま亭」というカレー屋さんがあるそうです。
私としてはそちらに行きたかったのですが、息子は辛いのが苦手というか唇が腫れることがあるので、諦めて当初の予定通り東大寺の参道に行ってみたら、屋台がありません・・。



前回行った時は沢山でていたのに・・・やはりカレーかっ!!
という流れかと思ったら息子のリクエストはお好み焼きが食べたいとのこと。
ググってみたら「お好み太郎」というのが近鉄奈良駅の近くにあったので、そちらでいただきました。
12時過ぎに着いたのに、なんやかんやで14時過ぎ・・遅めの昼食となってしまいましたが、無事お昼にありつけました。
お好み焼きは各テーブルに店員のおばちゃんがやってきて目の前で作ってくれます。
私は広島焼、息子は豚玉(関西風)を頼みました。
広島焼きは硬めに焼くので食感で好みが分かれるかもしれませんが、関西風豚玉は生地の味付けがしてあるようで、かなりオススメです。どちらも美味しかったですし、また食べにきたいと思うお店でした。

後日、実家に行く用事があったので親父と奈良に行った話をしていたら、なんと「高畑まんま亭」さんに行ったことがあるとのこと。
縁を感じてしまったので、やはり次は行かねば!!



昼ご飯の後は宿にチェックイン。
今回の宿はなんと部屋にそのまま自転車を持ち込めます!!
おかげで整備もできるし、盗難も気にしなくて済むので、助かります。
そんなわけで宿に自転車を置いて奈良の街を散策にでかけます。



奈良と言えば鹿と大仏さん!ということで東大寺へやってきました。
大仏さんこと東大寺盧舎那仏像、最後に見たのは小学生の時だったような・・。
大人になって改めて見ても、とても大きいです!!
鼻の穴と同じ大きさの穴が空いた柱を息子にくぐらせたり、鹿せんべいを買った息子が鹿の集団に襲われているのを眺めたりなんてことをしながら、奈良を満喫しました。

夕方になり、そろそろ晩ご飯といきたことろですが、その前に一日中大量にかいた汗で体がベタベタするので流してしまいたい。
宿にもお風呂がついているのですが、せっかくなので地元の銭湯(「大西湯」というお風呂屋さん)へ行ってきました。
掛かり湯をして、湯船に浸かります。息子は軽くしか掛かり湯をしていかなったようで、地元のおっちゃんに、「お○ん○んもよく流してから入るんやで〜」と銭湯のマナーを教えてもらっていました。親として恥ずかしいかぎりです・・・。

そんなこんなでおっちゃん達と打ち解けることができて話をしていたら、おっちゃんの一人がママチャリで大阪の長居まで行ったことがあるっている話で。
なんでも自転車を大阪に持って行く用事があったので、そのまま自転車で行ってみようと思ったらそうで、163号線に沿って激坂の清滝峠を越えて京橋まででて、更に南下して長居までへ行ったとか・・。
おっちゃん凄すぎです!
さらに話にはオチまであって、せっかく大阪まで自転車で行ったのに、その日の内に盗難にあったそうです・・。
うぅぅ・・・残念すぎです!


今回の旅は、他にも初対面の方との交流というか出会いが沢山ありました。
私は話をするのは苦手なのですが、ちょっとした人との出会いが大切なんだと思っていて、
いい年になってきたせいか、そういうことを楽しめるようになってきたような気もします。
出会いがあると旅はとても楽しいものになりましたし、思い出としても深く心に残る気がしました。

来年で息子も中学生、多忙な部活動や思春期に入った心の成長で、毎年続けていた親子旅も今年で最後になるかもしれません。
何十年も先の息子の心にも今日の事が思い出として残ってくれるとしたら、親としてすごく幸せなんですけどね〜


memo:総距離:149km(片道5時間程度、平均速度はだいたい20km前後)
| Bicycle [ポタリング] | 00:00 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

奈良 ファミツウ 2013 その1

今年のファミリーツーリングは娘の部活動が忙しく土日もあって行けないので、息子と二人旅となりました。
ルートは前回の奈良サイクリングと同じで、淀川に沿って京都方面へ進み、八幡から京都八幡木津自転車道を使って終点の泉大橋。そこからは24号線→163号線→751号線でゴールの平城宮を目指します。
川沿いを走っていると、とにかく虫が多くて、クマバチやカナブンがバシバシ飛んできます。
特にカナブンは頬や顎を何度もかすめたり思いっきりぶつかったりして、かなり恐かったです。



京都八幡木津自転車道を走っていると所々に除草作業中ののぼりがでていて、何やら遠くで煙が上がっています。



煙の近くまで来てみると風向きが・・・
煙たくて息苦しい上に、前が全く見えません。
最悪の場合、対向からの正面衝突なんてことも考えられるので、声かけしながら進みましたが、とても恐かったです!!



走る事5時間、平城宮へ到着。
予定では余裕を持って7時間ほど見ていたのですが、息子が頑張ってくれました。
熱中症が一番恐いので、水分補給をかなり多めとって走りましたが、
それでも日が上がりきった10時あたりからはキツかったんじゃないかと思います。
成長してますね〜!!

その2へ続く
| Bicycle [ポタリング] | 17:37 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

奈良 ファミツウ 2013

今年も我が家の恒例行事、ファミリーツーリングが近づいてきました。
激務続きで余裕がなく、しおりは作らないつもりでいたのですが、寝る間を惜しんで作りましたよ〜ついでにスマホの待ち受けも・・。
今年は息子と二人旅、怪我無く無事に走りきれますように。


奈良だけにしおりの表紙はせんとくんです・・。
| Bicycle [ポタリング] | 11:02 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

奈良サイクリング


奈良までサイクリングしてきました。
ルートは淀川沿いに八幡まで進み、京都八幡木津自転車道を使って、泉大橋まででます。
24号線に沿っていけば、平城宮跡まででれるのですが、163→751と道をそれて走ると、快適に走れました。ただ751は途中道が細く&車もそこそこ走っているので注意が必要でした。



京都八幡木津自転車道の終点、泉大橋。
この日は行きは追い風で快適に走れました。



東大寺。この中に大仏さまが!中には入りませんでしたけどね〜



奈良といえば鹿!
わかりやす〜い注意看板が立っていましたが、鹿せんべいを持つ手をプルプル震わせながら迫り来る鹿に、怯える子供たちが結構いてました。
ヤツらは危険です!!



天理の屋台で何度か食べたことがあったせいか、奈良と言えば彩華ラーメンという食のイメージができてしまっています。
人気で大行列でしたが、美味かったです〜



帰りも同じルートで帰りました。写真は流れ橋(上津屋橋)。
向かい風でしたが、なんとか気持ちを切らす事なく走りきる事ができました。
一緒に走ってくれた友人に感謝!!

本日の走行距離:135km
| Bicycle [ポタリング] | 18:09 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

自転車で奈良に行きたい

タイトルどおりなのですが、自転車で奈良に行きたいのです。
快適に走れそうなルートが見つからず、放置して逆の兵庫方面へのルート開拓をしていましたが、そろそろ本腰を入れて探してみることに。

■ルート1:外環状線から国道308号線経由・暗峠越えルート
距離は最短だが超激坂&酷道で関西でも最凶と言われる暗峠。傾斜も20%越え多数あり・・言うまでもなくこのルートだけはありえないです。

■ルート2:四条畷から国道163号線経由・清滝峠越えルート
一番キツい傾斜も10%程度と暗峠と比べるとかなりマシな清滝峠。有力候補。

■ルート3:国道25号線迂回ルート
かなり遠回りですが、平坦な道を使って奈良まで走れそうです。ただし25号線は路側帯が狭く危険らしい。

国道を走るルートは車に気を使いながら走行することになるので、遠回りしてもサイクリングロードを経由したルートを探した方が快適に走れそうです。
奈良方面へ抜けて行けそうなのは・・・大和川サイクリングロード。
かなり南下して走らねばならず大和川に行くまでの国道で心が折れてしまいそうなので却下。

それならばと北上するルートを探してみた。
淀川経由で八幡まででて、木津川自転車道で奈良の近くまで行けそう!!
さらに調べてみると奈良自転車道というのもあるらしい。

こんな感じのルートで行けそうです。


GWを利用して行ってみようかなぁ。
| Bicycle [ポタリング] | 23:28 | author : カンタ | comments(2) | trackbacks(0) |

一庫ダム 紅葉フォトポタ

友人と一庫ダムまで走りに行ってきました。
いつもは荷物は極力減らしたいので財布ぐらいしか持っていきませんが、紅葉シーズンということで一眼レフを持って、フォト&ポタリング ヒルクライムかな。


一庫ダム紅葉
なにわサイクルロード→猪名川→173→一庫という毎度のルートでダムを目指します。
173は車の交通量が多いので、多少遠回りしても安全に走れるルートを開拓しておきたいところです。次回に向けての課題かな。

ダムの入口にある勾配11%の登りをなんとか登りきり、脚がヘロヘロになりながらもダムの管理所へ到着すると、眺めはとても綺麗!
カメラを持ってきてよかった〜
 

一庫ダム紅葉
紅葉ももう終盤かと諦めていたところもありましたが、山はまだまだ色鮮やかで景色を楽しみながら走る事ができます。
この後はダムの周回道路→知明りんどう橋を渡り、湖畔の道→173へでて少し進むと平井あたりで左手に603まで抜けれる道を走りますが、案の定ここも峠道・・
苦しみながらも峠を越えると下りが長く続くいい道でした。
峠というのは飴と鞭というか、鞭と飴??ですね。


道の駅いながわ 天ぷらそば
この後は603→68→12と出て、道の駅いながわでお昼をいただきました。
こちらではお蕎麦をいなそばと言って名物にしているようで、なかなか美味しかったです。


ARASHI飛行機
帰りは12号線から川西能勢口へ出て176。行きに走った猪名川ルートへと戻ります。
せっかくカメラを持ってきたので寄り道して千里川丘の飛行機スポットへ行くと、ARASHIのジャンボ機が飛んでいましたよ!!
伊丹空港にはもうジャンボ機は来ないような話を聞いたことがあったのですが、私の勘違いだったようです。真上を通る大きい機体はとても迫力がありました。


ゆりかもめ
なにわサイクルロードまで戻ってくると、沢山のユリカモメが。
可愛かった〜♪



さらに進むとにゃんこさんが!!
このニャンコ。昨年も同じ時期に出会ったのですが、今年は膝に乗ってくれました。
また来年もあえますよ〜に。

| Bicycle [ポタリング] | 21:36 | author : カンタ | comments(0) | trackbacks(0) |

嵐山ファミツウ 2012


今年も家族で嵐山に一泊自転車旅に行ってきました。
昨年は台風で何度も延期になって12月までずれ込み寒い思いをしましたが、今年は天気が良く気持ちよく走ることができましたよ。
色々と問題もありましたが・・。



今回は世界遺産でもある仁和寺に宿泊させていただきました。
お寺と言って思い出すのが父との思い出。
父は骨董が趣味だったので、お寺の境内で開かれる骨董市によく行きました。
私は何をするわけでもないので、すぐ飽きてしまい境内をうろうろしたりしていましたが、今思えば父とどこかに出かけるのが楽しかったんでしょうね。

話が逸れましたが、こちらでは宿泊者だけが参加できる「朝のお勤め」というのがあります。
普段非公開となっている国宝の金堂内で行われるとのことで、参加してきました。
堂内の灯りは蝋燭のみ。その中で読経の声が響くのを聞いていると、頭も心の中も空っぽになっていきます。
普通に暮らしていると当たり前のことかもしれませんが、普段はなかなかお経を聞くような機会もないので、とても新鮮でした。
読経後は法話があり、短い時間でしたが自分を見つめ直す時間を持つことができ、また明日から頑張ろうと気力が湧いてきます。

お勤めの後は、広い境内を貸し切り状態で散策することができます。
というのも拝観時間は9時からなので、それまでは門が全て閉まっているためです。
五重塔や九所明神といった重要文化財を、ゆったり見れる贅沢な時間でした。

帰りには大きな問題が起きたのですが、それはもう書かないでおきます。

息子と二人旅ではじまったファミツーも今年で4回目。
来年は少し違う場所を目指してもいいかもしれません。
| Bicycle [ポタリング] | 14:26 | author : カンタ | comments(2) | trackbacks(0) |


Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PROFILE

SELECTED ENTRIES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ARCHIVES

OTHERS

MOBILE

qrcode